【度会郡 NewOpen】テラス犬OK!料理と雰囲気に癒される「ゴエンカフェ TAKIHARA」

【津|辰水神社】ジャンボ干支を犬と初詣!開催期間と駐車場も紹介

三重県津市美里町にある「辰水神社(たつみずじんじゃ)」は、毎年その年の干支をかたどった巨大な“ジャンボ干支”で県内外から注目されています

そらねぇさん

よくニュースでも
取り上げられているわね♪

“ジャンボ干支”は見た目が派手なので、フォトスポットとしても人気ですが、実はくぐるだけでご利益があるとされているんです!

「辰水神社」のジャンボ干支がいつまで見られるのかを含め、駐車場やトイレ情報までしっかりお伝えしていきます。

この記事でわかること
  • 2024年のジャンボ干支はいつまで見られるのか
  • 駐車場やトイレなどの基本情報
  • わんことお参りするさいの注意事項
橋本レイ

毎週末、
わんことおでかけをする
橋本レイがお伝えします!

(更新日)2023年12月29日

目次

ジャンボ干支が有名! 「辰水神社」とは?

辰水神社」は、毎年地元の有志の方たちから奉納される“ジャンボ干支”が有名です

なんとジャンボ干支は、昭和61年から続いていて、近年はニュースで取り上げられるため、県外から見にくる方もいるほど人気になっています。

「辰水神社」はジャンボ干支だけでなく、大日霎貴命・麻桑枝太命・応神天皇など、多くの神様がまつられているとてもありがたい神社でもあります。

2024年のジャンボ干支は“大迫力の竜”

辰年にあたる2024年のジャンボ干支は“大迫力の竜”です。玉を握っていて、かっこいいですね!

ちなみにジャンボ干支はくぐるだけで、「無病息災、家内円満、五穀豊穣、 学業成就、商売繁盛、交通安全」のご祈願ができますよ

津 辰水神社 ジャンボ干支 初詣
そらねぇさん

クオリティ高っ!

津 辰水神社 ジャンボ干支 初詣

2023年のジャンボ干支はいつまで?

毎年、ジャンボ干支は12月29日に奉納され、2月上旬ごろまで「辰水神社」に飾られています。2024年も2月11日まで飾られる予定になっています。

津 辰水神社 ジャンボ干支 初詣

歴代ジャンボ干支をご紹介!

2023年から辰水人社の歴代ジャンボ干支を記録しています! 毎年更新していくので、お楽しみに♪

【2023年】金のうさぎ

卯年にあたり2023年は金のうさぎでした。うしろから見るとおしりがハートになっていて、とってもかわいかったです。

新型コロナが流行した2020年から、疫病から守る妖怪とされているアマビエも設置されていましたが、2024年から姿を消しました。

「辰水神社」はわんこOK?

実は「辰水神社」へ問い合わせしてみましたがつながらず、初詣に訪れたときは社務所が閉まっていて確認できませんでした…。

犬連れの方は多数訪れており、抱っこで社殿までいっている方もいらっしゃったので、抱っこでの参拝は黙認している…ということだと思います。

ただ、社殿までは階段をひたすら登っていかなくてはいけないので、小さいわんこ以外は厳しいかと思います。

山の上の社殿は眺望もいい!

「辰水神社」の社殿は山の上にあるので、登るのは大変ですが、眺めはいいです。

山のほうを眺められるベンチもありました。ここまで登って疲れた足を癒すのにもいいですね♪

駐車場やトイレは?

ジャンボ干支が設置されている期間中は、津市美里高齢者生活福祉センター付近に臨時駐車場が2ヶ所あります。神社に近いほうの駐車場には、仮設トイレも設置されていました。

ジャンボ干支の近くと社殿の裏にもトイレがあります。

津 辰水神社 ジャンボ干支 初詣

辰水神社

住所:三重県津市美里町家所1941
駐車場:ジャンボ干支設置期間は臨時駐車場あり
トイレ:あり

「辰水神社」まとめ
  • 2024年のジャンボ干支は2月11日まで設置予定
  • 駐車場は、ジャンボ干支設置期間のみ臨時駐車場がある
津 辰水神社 ジャンボ干支 初詣

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

愛犬家歴20年以上!
三重県生まれ三重県育ちのわんこ大好き女子。
趣味|わんことおでかけ&ゲーム♪
週末はいつもわんこと
どこかをブラブラしています!

フリーライターとメディア運営の
二足のわらじで奮闘中!

目次